top of page

Profile

アンデス、アイリッシュの各種笛を演奏する、勝野勉(かつのつとむ)とブルースロックやジャズ、民族音楽をベースに独自のスタイルで活躍するギタリスト・正木良久(まさきよしひさ)による、オリジナル曲を中心に活動する音楽ユニット。

四季の移ろいや自然の風景からインスピレーションを受け、南米アンデス、アイリッシュ等の民族音楽の多彩なリズムをベースに、ジャズの繊細なハーモニーを取り入れ、”聞く人と一緒に旅に出る”をテーマに曲作りを行なっている。

2021年11月に四季の移ろい、情景を取り入れたファーストアルバムを「羽風の舞う時」をリリース。

このレコ発ライブでは姫路、宇治それぞれのホールで計300人を動員し、好評を博した。

 

アルボリビエントのArbol(アルボル)はスペイン語で「木」の意味がある。

常に進化・成長しいずれ大きな実をつけていく、自然の象徴である木。

そして、Viento (ビエント)は「風」の意味があり、さまざまな場所へ行き、そこでの出会いを通じて我々の音楽を深化させていきたい、という想いが込められている。

そんな二つを合わせて、Arbol y Viento(アルボリビエント)木と風のユニットを立ち上げた。

アルボリビント2.jpg
bottom of page